荒汐部屋 目次

[目次を飛ばして記事へ]

師匠 荒汐 崇司

元 小結 大豊。

写真 2002年6月に,時津風部屋から独立し,荒汐部屋の師匠として,相撲伝承,弟子の育成にとりくんでおります。

本名
鈴木栄二
出身
新潟県北魚沼郡堀之内町(現,魚沼市堀之内)
昭和30年(1955年)3月29日生まれ
大豊:現役成績
昭和48年(1973年)11月場所 初土俵
昭和57年(1982年) 5月場所 新入幕
昭和58年(1983年) 1月場所 小結に昇進
昭和62年(1987年) 1月場所 現役引退,荒汐を襲名
最高位 小結,通算 383勝347敗42休(幕内通算 13場所 85勝110敗)
185cm,165kg
日本相撲協会「力士プロフィール(引退)」大豊

荒汐プチアルバム

若き日の鈴木栄二くん。このヤンキー座りでのガン飛ばしは,昭和46年,栄二くんが16歳の時の写真です。時代を先取りした威嚇っぷりです。

若き日の鈴木栄二くん。もちろん,普段はこのとおり,家業をよく手伝うやさしい青年でしたよ。と,本人は述べております。

荒汐親方四股・てっぽう,といった基本所作には特にこだわりがあります。一人一人に応じた,きめの細かい指導が続きます。
出稽古に行くときも,まず荒汐部屋で,四股,すり足から,一通りの稽古をして出るようにさせています。

プライベート

好物

何でも食べますが,特に好きなものといえば,野菜・豆腐・納豆・梅干・らっきょう(甘くないもの:2004年は20kgのらっきょうをつけました。部屋のみんなは指がヘトヘトに)。玄米にねぎとじゃこ,そこに醤油を少し,なんてものも好きですね。ヘルシー嗜好かもしれません。

かつては酒豪の評もいただきましたが,おかみには到底およびません。

いろいろ育てる

園芸もちょっとした趣味です。かつては部屋にジャングルのように植物が茂っていたことがありました。

中でも好きな植物は「ケヤキ」。上に上に,どんどん枝別れして伸びていく様に惹かれています。部屋の弟子達が,荒汐という幹から,次々とグングン上に伸び分かれていく未来を重ねてしまいます。そしていつか大樹へと。

家庭

荒汐パパそして,娘・息子,2児の父でもあります。

土俵の前では決して覗かれない,父としての顔もあるんですね。

癒し

三吉と荒汐親方最近は,柴犬の三吉とハチのマスターとしても奮闘中です。上は,稽古や仕事の合間に,三吉とのひと時。

じっとしている瞬間がくると,いつもついつい,弟子たちのことが気になってしまいます。が,それでは弟子たちも息が詰まりましょう。気にはなるが,見には行けないというこのジレンマ。三吉たちは,そんな親方の気をうまく逸らしてくれる,荒汐部屋の名脇役です。

弟子が気になって仕方がないのですが,そこはこらえて若干の寂しさというか孤独感をかみ締めながら,三吉に癒される親方です。

三吉らについては特別メンバーのページをご覧ください。

このページの先頭へ