荒汐部屋 arashio.net
荒汐部屋

2010-08-20更新

これが巡業だ

平成22年秋田場所(8月10日県立体育館)

お盆も過ぎたというのに,一体いつまで暑いのでしょう。日本全国猛暑の中,お盆前には,福轟力の巡業日記でもお伝えしましたとおり,夏の巡業がありました。今年の夏巡業は,新潟・秋田・福島三県で計5ヶ所。暑い中にもかかわらず,各地で多くの方から温かいご声援を賜り,全国の皆さんから応援いただいていることをあらためて実感します。今回は巡業について,その魅力を,今回の秋田場所(秋田テレビ主催)での写真を交えてお伝えできればと思います。

夏巡業2010

巡業の朝は8時の開場です。本場所では前相撲や序ノ口の取り組み時間ですが,巡業では,幕下以下の付け人たちの稽古です。ちなみに土俵はビールケースでできています。

これから巡業をご覧いただく皆様。一番の見所はこの時間,稽古の時間です!普段は稽古できない力士と稽古できますし,巡業期間中に少しでも強くなりたい。必死の力士の稽古は迫力満点です。人生賭けてます。さらに,人数も多いので,稽古相手に選んでもらうだけでも一苦労。土俵周りで半身に構えて誰先に「はいはい!」「お願いします!」。アピールがみなモノスゴイ。そうしてやっと掴んだ稽古のチャンス,1つ1つに集中力がみなぎっています。

夏巡業2010

そんな土俵の外にふと目をやると,会場のあちこちに関取がちらほら出てきます。お客さまと握手したりサインしたりといった光景があちこちで見られます。「頑張ってください」のような短い声かけじゃなく,「いやぁ秋田,暑いっスね」「んだすなぁ。こんながはまた,すこたまぬぎっすなぁ。」「そ,そっすね」のように,なんだか普段の近所の人との会話のようなやりとりが交わされてます。この力士とお客様との近い距離感が,巡業の醍醐味の一つですね。

夏巡業2010

我らが蒼国来も土俵に登場。幕下に胸を出します。土俵に上がったばかりなのにすでに汗いっぱい。ひととおりの準備運動と,会場の階段ダッシュなどをこなしてきました。

夏巡業2010

ぶつかりが終わると,これから上がってくる力士にアドバイス。蒼国来だけでなく,力士同士で細かな技術の伝承が,あちこちで行われてるのも目にします。

夏巡業2010

そして十両の稽古。「今日は暑いから,やりすぎないようにするよ。こんな中で何番もやったら倒れるよ。」と言って出て行った蒼国来。土俵に上がるたびに会場アナウンスで,関取は名前の紹介があります。「西方は蒼国来」。黄色い声援は特にありません。。。が,他の力士からはラブコールがすごい。

夏巡業2010

頭の先から足の先までガン見されて・・・・

夏巡業2010

「はい!はい!はい!」「エンさん!エンさん!」指名が殺到。「ち,ちょっと待って」と思わず後ずさり。

申し合いは,勝った力士が,次の稽古相手を指名できるのですが,数人がちらほら手を上げる程度のこともある中,なぜか蒼国来はかなり売り込まれてます。ご利益でもあるのでしょうか。

「今日はやらない」といいつつ,前半は半分くらいが蒼国来の土俵で,この日はだいたい20番ほど取ったようです。

夏巡業2010

ふと客席に目をやると,人気力士のサイン会がはじまってました。

それにしても暑い。秋田でこの暑さは想定外のようで,会場にももともと冷房などありません。すでにお客さんがたくさんいらして,熱気でムンムン。お客様もみなさん,入り口で配布の特製うちわでガンガン扇いでます。客席がキラめいて見えるほど。

そこで,いったん外に退避します。会場外には,「横手やきそば」や「ババヘラ」といったご当地ならではの屋台がでていました。稽古を終えた力士も買いに来ては,お客さまと話しています。

夏巡業2010

会場内ではいよいよクライマックス,幕内力士,三役力士の稽古の時間。御当地力士がやはり主役で,横綱・大関陣からかわいがられて,声援がとびます。

後編へつづく >

このコーナーの内容
.
About Us

お問い合わせ

ご質問,ご意見等,ございましたら,お気軽に下記より,荒汐部屋までお問い合わせください。お電話,お手紙,FAXでもどうぞ。

  • 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-47-2 [地図・交通アクセス
  • 電話:03-3666-7646
  • FAX:03-3666-0449
  • info@arashio.net

© 2004-2012, Arashio-Beya.-------