荒汐部屋 目次

[目次を飛ばして記事へ]

各地 巡業の勧進元を募集しています

(財)日本相撲協会 巡業部では,地方巡業の勧進元(主催者)を募集しております。

勧進元って?

Photoなんとなく巡業の「勧進元」と聞くと,古くから相撲界とつながりがある,とか,部屋や力士の後援会の重鎮である,とかといった,相撲にまつわる特別な関係のある方がされるもののような印象がありますが,実は,原則として法人・個人を問わず,どなたでも勧進元になっていただけます(当然ですが,あらゆる反社会的勢力に関する方にはなっていただけません)。

何しに呼ぶの?

荒汐部屋から出た初の関取,蒼国来の故郷,内モンゴルでの相撲(ブフ)といえば,ナーダムやオボーのお祭りでの相撲大会が思い浮かびます。草原を賭ける競馬とともに,相撲はお祭りの花形です。各地方でのそうしたお祭りは,その地で何かを成し遂げた人を中心に開催されるそうです。「俺はやったぜ,お前はやったぜ,みんなでこの天この地を祝おうぜ!」と。

思い返せば,日本の相撲もそんな役割があったのではないでしょうか。この街を創ってきた長老の皆さんを相撲で祝って楽しんでもらおうじゃないか,とか,力士に四股を踏ませて来年も豊作であるよう願おうよ,とか,みんなの願いだった安全に遊べる公園ができたから相撲でこけら落としといこうじゃないの,などなど,日々の生活の節目に,バーンとでっかいお相撲さんをたくさん連れて来てワーッとやる,というような。

この地にあってこその大相撲

巡業は,大相撲がそうした各地の方々と直接お目にかかれる貴重な機会。ふんどし一つで日本中の土を踏みしめてまわる力士によってこそ,本場所の意義・雰囲気が出てくるものと思っております。ぜひ機会がございましたら,大相撲一行をお呼びいただければ幸甚にございます。

結局,ぶっちゃければ費用

ただ,いくら機会がありましても,ぶっちゃけてしまえば,開催に必要な人的・経済的コストが必要となります。現在の巡業は,いわゆる「売り興行」で,日本相撲協会は勧進元さまに興行権(つまり,力士らに相撲を取らせる権利)を販売し,あとは勧進元さまにお任せする,という形式です。現在のところ,勧進元さまで準備いただくコストは,以下のとおりとなっております(いずれもおおよその目安)。

契約金
平日700万円,土日祝日900万円(税別)。
これには,興行権のほかに,前興行地からの移動費,宣伝用ポスター350枚,土俵の俵代,当日の昼食費,などが含まれます。
宿泊施設および宿泊費
約250万円
先発隊数人+本体250人(1人1泊1食)分。民泊ももちろんOK。
土俵構築コスト
約80~90万円弱の費用と,10~20人の作業する方。
もちろん協会員が設営に協力しますので,経験は不要です。
宿舎と相撲場の間の移動手段
約30~50万円。
宿のマイクロバスや自家用車での送迎も可。
桝席切符印刷
約25万円。
切符の裏面に当地スポンサー広告が可能(当地のスポンサー費用にてまかなうことを提案いたします)。
会場およびその使用料
設営日と当日の2日間。
その他諸費用
広告宣伝費等
arashio.net 参考記事
これが巡業だ - 平成22年秋田場所(8月10日県立体育館)

あとは,売り興行ですので,会場のサイズ・キップの価格・広告や出店の出店料など,自由な形で興行を行っていただき,それらの収入はすべて勧進元さまの収入となる形になります。

お問い合わせ

日本相撲協会員が一丸となって協力いたしますので,巡業勧進元のご検討をどうぞよろしくお願いいたします。

財団法人日本相撲協会 巡業部
TEL : 03-3625-6565
FAX : 03-3625-5921
担当 : 巡業事務局 矢口
日本相撲協会巡業部による巡業勧進元のご案内 >

このページの先頭へ